ヒラマサ お取り寄せ

有限会社 徳丸
0959-46-3368 お問い合わせフォームはこちらから
有限会社 徳丸 HOME > 徳丸のこだわり
  • 金太郎まぐろ
  • 商品一覧
  • 徳丸情報
  • 美女と野獣のこだわりの養殖と水産加工ブログ
  • 徳丸のこだわりを!動画で紹介!
  • 有限会社 徳丸
五島列島の恵まれた自然環境

五島列島は九州本土のはるか西海上に浮かぶ、環境汚染とは無縁の島々です。中でも弊社が生簀を設置しております若松島は西海国立公園に位置し、美しい海とそれを育んできた広葉樹の原始の森に囲まれた、山紫水明の地です。

若松瀬戸の激流でもまれた魚は運動量豊富で身が引き締まり、潮通しが良い生簀の内外はいつも清潔です。 もちろん、赤潮とは無縁の地です。その分台風が一番怖いですね。
とにかく自然相手なので大変です。
川でもないのに、潮の流れがこんなに速いため、弊社の魚は「五島列島激流育ち」と名前をつけました。

美味しい魚を作るためには、まず魚が健康でなければなりません。それが、私たちが魚を育てている中で一番望んでいることです。養殖は、日頃の管理が非常に大切です。私たちは魚の気持ちになって、日々健康で美味しい魚作りを目指して取り組んでいます!

【豊富な酸素量】
潮流が速いと言うことは、酸素が多く含まれた海水が常に魚の周囲に流れ込んできていることを意味します。 食べた物を消化したり、体内の老廃物を体外に排出するなど代謝を活発にし健康を維持するためにも、酸素が豊富に存在することは、もっとも重要な要素の一つです。
【豊富な運動量】
外洋に生きる魚は、移動するために運動量が多くなるのでしょうが激流育ちの本鮪・平政・鰤は、自身の位置を維持するために必然的に運動量が多くなります。

50kg以上に育ったマグロは、すべて手作業で1本ずつ丁寧に水揚げされ素早く処理をし氷水の中に冷やし込まれて出荷されます。

研究機関とタイアップして魚の成長と水温等の様々なデータデータから魚の運動量を解析し、魚の状態にあわせて必要な栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルetc)を必要な時に必要なだけ与えております。

★EPAを多く含む魚のベスト5★
(食べられる部分100gあたり)
1位 ぶり(養殖) 1.54g
2位 真鰯 1.38g
3位 1.21g
4位 ニシン 0.99g
5位 ぶり(天然) 0.90g
ぶりは、青魚のヘルシー食品としての認識は最近の科学的な研究で高まっています。 中でもEPADHAの健康への効果が注目されています。 ヘルシー食品の優等生・青魚の中でもぶりはEPAの含有率が1番高いとされています。 可食部100g当たり1.54gで実に1日に必要とされる量1gの1.5倍以上も含まれています。 ぶりがヘルシー魚の王様と言われる由縁です。

※EPA(エイコサペンタエン酸)血液中の脂肪とくに中性脂肪と悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにする。不足するとガン、高血圧、動脈硬化を引き起こし易くなると言われている。
※DHA(ドコサヘキサエン酸)記憶力の向上、視力の向上に効果があるとされている。

5月に取ってきたモジャコ(ぶりの稚魚)は体長2〜3センチでしたが、1ヶ月で倍以上の大きさに育っていきます。

モジャコ1匹1匹愛情かけて手作業でワクチン注射を打っていきます。元気で立派なブリに育つためにはこんな地道な作業も必要なんです。
人と一緒ですね・・・。病気にかからないように、幼児の頃予防注射をしますよね!

水揚げされた魚は、新鮮なうちに1匹づつ丁寧に活〆し、真空パックで密封していきます。
活〆から梱包まで徹底した衛生管理のもと1本1本全て手作業で行っています。
ご自宅までは、氷詰めにして、発送いたします。


PAGETOP